た け の こ 生 活

アクセスカウンタ

zoom RSS よみがえる白黒写真

<<   作成日時 : 2006/01/28 02:29   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

少し出遅れてしまいましたが、写真を趣味としている以上、このお題には参加しないわけにはいきませんねぇ。

第74回のお題★「あなたの写真、とっておきの一枚!」」について

これまでの写真から1枚だけを選ぶのは難しいのですが、最近の1枚を載せてみることにしました。

画像


1968年撮影で、祖母と私たちが花見に行ったときのものです。
私はこの写真が手元になくて、花見自体も覚えがないのですが、昨年この祖母が亡くなり、その法事の時に、叔母が持っているのを借りてスキャンしました。
裏には日付と場所が鉛筆で書いてありました。

ブーメランさんの記事を読む前に、なんとなくこれにしようと決めていたのですが、貴重な写真を手軽にコピーできてしまうという、技術の進歩には感慨深いものがあります。

ただ手元においておくには、カメラの種類に限らず、やはりプリントしたものがいいですね。パソコンにも保存しますが、思い出を共有するという点では (みんなで写真を眺めてそのころのことを語り合うなど) かなわないと思います。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
こんにちは、紙焼きプリントの利点は、プリントその物で、見ることが出来る点ですね。後は、何にも必要が無いですね。
デジタルの物は、見るために必然的に何か電子の物を必要とする点ですね。
利用する利点と、弱点を考えなくてはと自分では思っていますょ。何か難しい事を書いてしまいました…。
tomityann
2006/01/31 12:52
コスト的には結局どちらが安いんでしょうね。
写真の奥深さとかは、まだまだフィルムカメラ(とくにリバーサル)に分があるようですね。
たけのこ
2006/02/03 02:35
たけのこさん。今日は、報道関係は、
殆ど、デジタルに移行されたみたいですょ。
デジタルの方は、実質、カメラを動作させる
電池(突き詰めれば電気代)代だけでしょう。
私、今閃いたのですが、フイルムカメラで、
撮影前に、画面のモニターリングが出来ればと、
思うのです。シャッター幕、若しくは、補助
ミラーで画像をモニタリング像が確認出来ればと
(でも、カメラ精度と、フイルムとのマッチングが、
かなり、難しそうですね…。)
デジタルの物でも、フォーカルプレーンシャッター
を使っているのだし…。
リバーサルはの、露出に関しては、以前撮影していた
時は、36枚撮りで、良いのが1〜2カット有れば
と、云う気持ちで撮影していましたよ…。
tomityann
2006/02/03 11:29
レス、遅くなってすみません。
プロの写真家でも、何十本も撮って、満足のいくカットは数枚なんでしょうね。
今日またニュース番組で特集をしていました。ううーん、なんか胸が痛む。
その内また、再認識されることもあるかもしれませんね。
たけのこ
2006/02/10 23:55

コメントする help

ニックネーム
本 文
よみがえる白黒写真 た け の こ 生 活/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる